雑談

【Q&A】なんでタダで後輩に知識や技術をおしえるの?

患者様やお客様から聞かれることが多い、こんな質問があります。

「尾澤先生、後輩指導するのすごいですよね。でも、なんでお金と時間をたくさんかけて修得した知識や技術を、タダで全部教えるの?私だったら自分だけの知識や技術にして、お金稼ぐ要因するのに。」

本日はこれについてお答えします。

そもそも、私が圧倒的に施術効果を上げられるようになったのは、

常に人に教える前提で勉強をしてきたから

です。

私はもともと教師になりたかったんです。

小学生くらいの頃から。

国語か倫理の先生に。

理系なのに。笑

私は漫画の影響を受けやすく、「地獄先生ぬ〜べ〜」「GTO」「ROOKIES」などにハマり、熱血教師になりたかったんです。

理想像は

  • 普段はおちゃらけてるのにやる時はやる男
  • 生徒に夢や希望を与える
  • 関わる人を救うヒーロー

といった、かっこいい人間になりたかったからです。

小学生の頃の夢とはズレてしまいましたが、本質的にやっていることは変わらないですね。

2000年前後の漫画なので、今の世代の子達にはハマらないかもしれませんが、

人として大切な本質的なことを熱く教えてくれる漫画なので、皆様に一度読んでいただきたいです。

created by Rinker
¥680 (2024/02/26 03:57:27時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥11,088 (2024/02/26 03:57:27時点 楽天市場調べ-詳細)

ちなみに、この漫画内の先生方は

あまりしっかりは勉強を教えていない

です。笑

少しだけ話がそれましたが

「どうして莫大なお金・時間をかけて修得した知識・技術を、タダで後輩に教えるのか」

に対する答えですが、そもそも私はお金稼ぎに興味がないんです。

私は「一人でも多く、辛い症状で苦しんでいる方を救いたい」です。

そのために、患者様を治せる理学療法士を一人でも多く増やしたいです。

そのため、自分の技術で患者様・お客様を独占しようとは考えていません。

そういう心持ちで

いつか自分でセミナー講師ができるようになりたい

と思い、

「どうしたら若い理学療法士がやる気を持てるか、勉強や仕事が楽しいと思えるようになるか、患者様や周りの大切な人を心から治したいと思ってもらえるか」

ということを考えながら、常に後輩に指導する前提で勉強をして、

セミナーを受けている時も、いかにわかりやすく後輩に伝えるかというように考えていました。

「人に物事を教えるためには、その人の3倍その物事に対して理解していないといけない」

という言葉を聞いたことがあります。

私は10倍を目指して頑張ってきました。

何を持って3倍や10倍と定義するかはよくわかりませんが、心意気の問題です。

ただ、周りの理学療法士の方々の10倍以上頑張ったという自負はあります。

そのおかげで、後輩や学生(実習生)に指導をしていても、

「セミナーよりわかりやすいしおもしろい」
「初めて勉強しなきゃいけない意味がわかった」
「尾澤さんに教わるのがいちばんわかりやすい」

などと言われるようになり、患者様に治療をしていても圧倒的に治療効果をあげられるようになりました。

「情けは人のためならず」ではないですが、結果的に自分の成長につながっているので、これからも自分の全てを後輩に伝えていけるよう、出し惜しみせず指導していきます。

あと、私を指導してくれた師匠の植松先生という先生が、私に出し惜しみすることなく厳しく優しく全てを教えてくださったから、その恩返し・恩送りとして、同じように出し惜しみすることなく後輩を育てたいと思っているのも理由の一つです。

私は良い師匠に出会えたので本当に運が良かったと思っています。私が関わる後輩や若手の子達にも同じように「運が良かった」と思ってもらえるように指導していきたいです。

余談ですが、私は後輩指導をする時に全てを伝えてはいません

理由は内容が高度で情報量が多すぎて処理をしきれなくなるからです。

それをすべて理解できるくらい後輩が育ったら、嬉しくて嬉しくてしかたないと思うので、良かったらお話を聞いてください。

本日はここまで。

おしまい。