枕まとめ

【首・肩コリが楽になる】理学療法士おすすめの「モットン枕」

理学療法士の尾澤です。首・肩こりの治療が得意です。

首こり・肩こりでマッサージなどをしているけれど一向に改善しなくてお悩みではありませんか?長い間改善しない首こり・肩こりでお悩みの方に共通しているのは「頚椎の弯曲がおかしくなっている」ということ。更に、そのせいで筋肉が異常に緊張して「癒着」してしまっているのが原因です。
(癒着:筋肉や神経などが本来くっついていない箇所でくっついてしまうこと)

「首の弯曲」と「癒着」の二つが解決しない限り、首・肩の症状が改善することはないと考えます。普通のマッサージでは、やった直後は楽になるのにすぐに戻ってしまって改善しないのはそのためです。私が何年も悩むような首・肩の治療で効果を上げてきたのは、「首の弯曲」を正しく修正して「癒着」を適切にリリースしているからです。

今回の記事では首・肩の症状をお持ちの方から相談を受けることが多い「どの枕を選べば良いか」についてお答えします。今回紹介した枕を使用すれば、私が普段施術で行っている「首の弯曲を正しく修正する」のと同じ効果が期待できます

この枕を選べば間違いない【モットン枕】

「モットン枕」は株式会社グリボーという会社から販売された枕で、寝具シリーズでは高反発マットレスなども販売されています。

公式ページでは次のような症状でお悩みの方にモットン枕をおすすめしています。

  • 長時間、仕事に集中できない
  • 洗濯物を畳むときの前傾姿勢に負担を感じる
  • 首や肩が気になって、安眠できない
  • 朝起きると、首すじが固まった感じがする…

私の故郷長野県の旅館やホテルで多く採用されていおり、50歳まで現役プロ野球選手として活躍した元中日ドラゴンズのレジェンド山本昌選手も愛用されています。

枕の選びかた

私が考える枕の選び方をご紹介します。今回紹介した【モットン枕】は全ての条件を満たしていておすすめなのですが、それ以外のものをご自分で探したい時の参考にしていただけると嬉しいです。

枕を選ぶ際のポイント
  • 頚椎が正しい寝姿勢になる
  • 高さの調整ができる
  • 寝返りがしやすいほどよい反発と硬さ
  • 返金・返品保証がある

頚椎が正しい寝姿勢になる

主に上向きで寝た時と横向きで寝た時の首の状態について記述していきます。うつ伏せで寝るのが好きな方は、うつ伏せ専用枕などがあるのでそちらを探すと良いです。

背骨の弯曲
頚椎の拡大画像

背骨というのは上の画像のような形をしています。緑色の部分が頚椎(首の骨)です。頚椎は上から5番目の骨(頚椎5番)を頂点にして、ふわっと反っているといるのが正常です。弯曲の角度は諸説ありますが約20°程度と言われています。

このように自然な弯曲になっていると、椎間板などに負担がからず筋肉が緊張しにくいです。

上向きになった際の首の理想の状態は「きれいな弯曲が保たれている姿勢」です。弯曲をサポートするように、後頭部が軽く沈み込むような形が理想です。

横向きになった際の首の理想の状態は「首がまっすぐになった姿勢」です。肩幅の分高さが必要です。両サイドが数cm高くなっているものが理想です。

ダメな状態の詳しくは

何段階も高さ調整ができる

直前に説明した頚椎が正しい寝姿勢になるために、細かく高さ調節ができる枕が望ましいです。

寝返りがしやすいほどよい反発と硬さ

首・肩こりの原因になる首・肩の筋肉の癒着は、動かなすぎることや圧迫時間が長くなることで起きます。柔らかすぎる枕や低反発の枕だとでは、頭が沈み込んでしまい寝返りが大変になります。そうすると寝ている間に寝返りの回数が減り、首・肩の筋肉などが癒着してしまいます。

予防するためには、寝返りがしやすい反発と硬さのある枕を使用するのがオススメです。

返金・返品保証がある

理論上どんなに良い枕であっても、どうしても合わないことがあります。さらに、枕が合うかどうかはしばらくの期間試してみないとわかりません。店舗で寝てみたときは調子良かったけど、寝る時に長時間使ったら合わなかった場合も多くあります。なので、少なくとも1ヶ月以上は試せるように返品・返金保証あることが望ましいです

今回紹介しているモットン枕は上の条件を全て高い基準で満たしており、その他の機能(通気性、清潔性、耐久性など)も非常に高いため、自信を持ってオススメできます。

モットン枕の特長

モットン枕は頭と首にフィットして、頚椎(首の骨)を正しく支えてくれることを売りにした枕です。その特長について詳しくご紹介していきます。

モットン枕の特徴
  • 1.自然な寝返りをサポートする反発力
  • 2.頸椎(首の骨)を支え、正しい寝姿勢を実現
  • 3.体圧分散に優れ、首への負担を最大限に軽減
  • 4.8万回の耐久試験にも耐える、優れた耐久性
  • 5.通気性が良く、蒸れにくく快適
  • 6.ダニを寄せ付けず、ホコリも出ないので清潔・安心
  • 7.体重や好みに合わせて選べる硬さ

1.自然な寝返りをサポートする反発力

モットン枕は高反発タイプのため頭が沈み込みすぎず、寝返りがとても楽です。

2.頸椎(首の骨)を支え、正しい寝姿勢を実現

カバーをつけて上からみた画像
枕の場所ごとの高さ

真ん中部分はへこんでいて後頭部と首がフィットするような形状になっていまて、上向きで寝た際に頚椎のきれいな弯曲をサポートしてくれます。寝返りを打った時に頭が乗る両サイドの部分は少しだけ高くなっていて、横向きで寝た際に首がまっすぐでストレスがかからないようになっています

まくら前後の高さのちがい
2種類の高さ調整シート

モットン枕の高さは、高い方が6~11cm、低い方が3~8cmと前後で異なっており、その日の体調や気分に合わせて使い分けることが出来ます。1cmごとに高さ調整ができるシートが4枚入っているので、簡単に自分に合った高さに調整ができます。

3.体圧分散に優れ、首への負担を最大限に軽減

首と接する筋肉が緊張しないよう、頭を均等に持ち上げてくれるので、首への負担が軽減されます。私も実際に使ってみて、圧力が分散されて楽なのを感じました

4.8万回の耐久試験にも耐える、優れた耐久性で長持ち

「復元率 99.6%」で繰り返し使用してもへたりにくいです。8万回の耐久試験にも耐えるようで、一般の枕と比較して約3倍の耐久性があります。10年は使えるようです。

5.通気性が良く、蒸れにくく快適

通気性は寝心地に大きく左右すると言われています。モットン枕は通気性が非常に優れています。私が使ってみた感じも、蒸れて不快だと感じたことは一回もありませんでした。

6.ダニを寄せ付けず、ホコリも出ないので清潔・安心

ウレタンフォームは、ダニや害虫が住みつきにくく、ホコリも出ないので衛生的です。外カバーは取り外して洗えるので、常に清潔を保つことができます。

7.体重や好みに合わせて選べる硬さ

硬さが「ふつう」と「かため」の2タイプが用意されています。

私が両方使用してみた感じでは、「ふつう」でもしっかりとした反発を感じるので、よほど体格が大きい男性出なければ「ふつう」を選んでおけば間違いないと思います。

モットン枕の基本情報

 材料 ウレタンフォーム (色:グレー) 
 復元率 99.6%
 外装生地の組成 ポリエステル100%
 製造国 中国
 本体サイズ 幅55cm x 長さ40cm x 高さ3~6cm
 付属品 高さ調整シートx 4枚 
 高さ調整ハーフシートx2枚 
 硬さ やわらかめ / かため
 価格 1個単品:17,800円(税込)
 2個セット:30,600円(税込)
※記事執筆時の情報です。最新の情報は【モットン枕】公式サイトよりご確認ください。

送料

送料無料・代引き手数料無料

保証期間とお試し期間

モットン枕は90日間交換・返品保証付きです。
詳しくは後述の「交換・返品保証と返品方法について」でご説明します。

実際にモットン枕を使ってみた効果・感想

以前、モットン枕を3ヶ月使った感想という記事を書きました。

以前おすすめした枕【モットン】を3ヶ月使ってみた感想 (肩こり・首の痛み・腰痛にもおすすめ) 理学療法士の尾澤です。 以前、返金保証のある枕まとめの記事を書きました。 https://oza-blog.jp/2022...

その中で書いた内容を簡潔に記載します。

自分が使ってみた効果

使ってみて、ものすごくよかったです。もう自分に合う最適な枕探しはしなくて良いと感じ、とても満足しています。

私は背骨全体の弯曲が小さく、首はストレートネック気味です。以前から慢性的な首のこり・痛みに苦しんでいました。モットン枕を使う前は、評判が良かったふわふわのホテル枕を使用していましたが、首が痛くて夜中起きることが多かったです。

モットン枕を使ってから、首の痛みで夜中起きることはなくなり、日中も首こり・肩こりで悩むことがなくなりました。寝姿勢を比較しても、首が楽になる理由がわかります。

寝た時の首の形比較
上向き比較
モットン枕利用時
従来のホテル枕利用時
横向き比較
モットン枕利用時
従来のホテル枕利用時

紹介した方からの報告

友人

明らかに朝起きた時の首のだるさが変わった!

実母

首肩こり減って、腰痛までよくなった!

30歳代女性

今までデスクワークが辛かったけれど、モットン枕を使ってから首が気になることが全くなくなりました。

モットン枕のメリット

モットン枕には多くの良い点があります。私が思う良い点を厳選して挙げます。

モットン枕のメリット
  • 高さ調整ができるので枕選びを失敗するリスクが少ない
  • 頚をが正しい状態に保ちやすい
  • 寝返りが打ちやすい
  • 返金保証があるので安心

高さ調整ができるので枕選びを失敗するリスクが少ない

枕の前後で高さがちがい、さらに高さ調整シートが4枚入っているため、細かい高さ調整ができます。なので細かく高さの変更ができて、快適な高さを探すことができます。

自分ではどの高さから始めれば良いかわからないという方のために、説明書に高さ調整の目安が書いてあるので、高さ調整に困ることはほとんどありません

首が正しい状態になりやすい

高さ調整ができる上に高反発ウレタン素材で軽い反発があるため、頚椎が正しい弯曲になるよう優しく押し上げてくれるのが良い点です。

寝返りが打ちやすい

高反発で頭が沈み込みすぎないので寝返りがとても楽にできます。さらに、枕の両サイドが少し高くなっているため、横向きになったときに首が楽です。上向きでも横向きでも楽なので寝返りがとても快適です

モットン枕の幅は約55cmです。通常60cmあると寝返りに十分な幅であると言われていますが、55cmでも寝返った時に十分余裕の横幅があります。

返品・返金保証があるので安心

90日間の返品・返金保証があります。前述した高さ調整をいろいろ試せたり、高反発枕が自分に合うか試せたり、首が楽になってきたかの経過を長期間試せるので安心して使うことができます。

モットン枕は価格が17,800円(税込)で市販の枕と比べると少し高価です。どうしても合わなかった時には返品・返金の保証があるのは安心です。

モットン枕のデメリット

市場に出回っている枕の中では一番良いと思われるモットン枕ですが、残念ながらデメリットも何点かあったのでご紹介します。

モットン枕のデメリット
  • 糸がほつれている箇所がある
  • 慣れるまで違和感がある
  • 寝ていると上滑りする
  • 使わない高さ調整シートの置き場所に困る
  • 開封直後のウレタンのにおいが少し気になる

糸がほつれている箇所がある

日本の企業の商品なのですが生産国は中国です。そのためなのか、縫製がかなり雑です。写真は高さ調整シートですが、少し悲惨な状態です。ここは改善してほしいところだと感じました。

慣れるまで違和感がある

首の弯曲を正しく矯正するので、慣れてくるまで2週〜1ヶ月ほど違和感を感じる可能性があります。これは体がよくなるのに自然な反応です。慣れるまで最初は短い時間だけ使用し、徐々に時間を伸ばしていくなどしていくと良いと思います。

寝ていると上滑りする

使用していると枕が丸まって上の方に滑っていくことがあります。頭と首はしっかり乗っているので私は気になりませんが、気になる方は気になるかもしれません。

使わない高さ調整シートの置き場所に困る

よほど体格が大きい男性でない限り、高さ調整シートを全て使うことはないと思います。その際に、使わないシートの保管場所が必要です。

開封直後のウレタンのにおいが少し気になる

開けた瞬間にウレタンのにおいがします。使用する前に少し陰干ししておくとすぐににおいは消えます。

交換・返品保証と返品方法について

モットン枕は保証期間中なら交換・返品が可能です。硬さが合わないと感じた場合は交換でき、万が一満足できなければ返品することも可能なので 「一度試してみたい」「自分に合うか心配」といった方も安心して購入に踏み切れます。

交換・返品保証期間

交換保証期間:商品到着から104日間
返品保証期間:商品到着から90日経過後の14日間

交換・返品の対象・条件
  • 公式サイト・電話から注文した保証付き商品であること
  • 保証期間内であること
  • はじめての交換・返品であること
返品・交換の対象外になるケース
  • Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、メルカリなどからの購入品だった場合
  • 保証期間外だった場合
  • 既に1度交換・返品を行っていた場合

硬さが合わなかったら

到着後104日間の保証期間内であれば1回のみ返品か硬さの交換が可能です。
交換時の配送料2,200円は購入者負担となります。
一度交換をすると、返品・返金はできなくなるので注意してください。

返品・交換の流れ

①返品・交換希望の連絡

専用フォームから返品・交換の連絡します。

②送料のみお支払い

配送料2,200円を支払います。返品の場合は手順④へ進みます。

③交換品が届く

配送料の支払いが確認され次第、交換品が先に発送されます。

④合わなかった枕を返品

新しい商品を確認後、送料着払いにて返品商品を発送します。

どうしても低反発枕が良い方は

低反発まくらであればAmazonで購入できるDream Cat’sという枕がオススメです。

日本の中小企業が自身の工場で製作・販売しており安心です。
日本の職人さんが作っていて縫製などがとても丁寧です。
モットン枕ほどの反発がなく寝心地がとてもソフトでした。
高さ調整シートで4段階の高さ調整ができ、体型に合わせて使用できます。

さらに、Amazonでは1,000円OFFクーポンがありお得にお買い物できます。

高反発枕がどうしても苦手だという方にはこちらを使用してもらったところ、ぐっすり眠ることができて首の痛みも良くなったと満足していただけました。

私も使ってみましたがとても満足できる使い心地でした。

まとめ

今回は患者様から多く寄せられた「どの枕を使えば良いのか」について、数百個の枕を調査して何種類か使用した中で最も良かった【モットン枕】を実際に使ってみて感じたことを紹介しました。

私はこの枕を使い始めてから、長年悩んでいた首の痛みがなくなりました。

モットン枕には90日返品・交換保証期間が設けられているので、寝心地が合うか心配な方も安心して気軽に試すことが出来るのが大きなポイントです。

首・肩の症状でお困りの方は是非一度試してみてください。

モットン枕がおすすめの人

  • 肩や首が気になっている人
  • 自分に合った枕の高さが分からない人
  • フィット感のある枕を探している人
  • しっかりとした寝心地が好きな人

モットン枕をおすすめできない人

  • ウレタンのにおいが気になってしまう人
  • 柔らかい枕が好きな人
  • 慣れるまでの違和感に耐えられない人

おまけ:首の弯曲について

理想的な弯曲

背骨というのは次の画像のような形をしています。緑色の部分が頚椎(首の骨)です。

拡大するとこの図のような感じになります。重要なことは上から5番目の骨(頚椎5番)を頂点にして、ふわっと反っているということです。弯曲の角度は諸説ありますが約20°程度と言われています。

このように自然な弯曲となっていれば、椎間板に負担がからず筋肉が緊張しにくいです。

首の悪い状態

首の悪い状態は主に2種類あります。
一つ目は背筋を伸ばしすぎてストレートネックになった状態(女性に多い)
二つ目は猫背でストレートネックになった状態(高齢者に多い)
それらが重症化すると、首の弯曲が逆になってしまい重症化します。

1.頭を後ろに引きすぎたストレートネック(背筋を伸ばしすぎパターン)

この画像のように頚椎の5番を頂点とし前弯がなくなった状態です。細身の女性に多く、背すじを伸ばしすぎた方がこの状態になりやすいです。

弯曲がずれると筋肉が異常に緊張が生して、肩こり・首こりの原因となります。

2.頭が前に出過ぎたストレートネック(猫背パターン)

この画像のように頚椎の5番付近の弯曲は無くなり、頭の付け根だけが過剰に反っている状態です。猫背の方がこの状態になりやすいです。

首の後ろ側は潰されるようなストレスが生じ、前側は過剰に伸ばされるストレスが生じます。

その結果、首の筋肉が異常に緊張して、首こり・肩こりの原因となります。

3.首の弯曲が逆(重症)

前述のストレートネックが重症化すると、弯曲が逆になってしまいます。

右側レントゲン写真のように、⑤の骨の前側が潰れて、後ろ側にずれてしまっているような状態です。

この状態になると頚椎ヘルニア、変形性頚椎症、頚椎症性脊髄症など、整形外科などで専門医の治療を受ける必要な疾患になりやすいです。

おまけ:寝ている時の首の状態

理想的

上向きになった際の理想は「きれいな弯曲が保たれている姿勢」です。弯曲をサポートするように、後頭部が軽く沈み込むようなものが理想です。

横向きになった際の理想は「首がまっすぐになった姿勢」です。肩幅の分高さが必要です。両サイドが数cm高くなっているものが理想です。

枕の形状としては次のような形頭の部分がへこんでいるものが理想です。

低い枕だとどうなるか

低すぎると次の画像のような状態になります。

上向き

枕が低い場合、首の弯曲が崩れます。

1番上は枕全体が低く、あごが引けて首全体が下を向くような姿勢になっています。

真ん中は首の部分が高くなっていて後頭部が低いため、あごが上がりすぎている姿勢になっています。

首の弯曲のアンバランスが生じることで、詰まってつぶされるストレスや過剰に伸ばされるストレスが生じる部分が出てきます。その結果、首・方の筋肉に異常な緊張が生じることで、首こり・肩こりが生じやすくなります。

枕全体が低い場合は背中の部分の弯曲もなくなってしまうため、背骨全体が弯曲のない形になってしまいます。「枕は低いものが良い」「折りたたんだタオルを置く程度で良い」と勧められたことがある方は、このようなリスクがあるを考えておく必要があります。

横向き

横向きになった際はこの図のように首が曲がってしまいます。

下側は詰まってつぶされるストレスが生じ、上側は伸ばされるストレスが生じます。その結果、首・方の筋肉に異常な緊張が生じることで、首こり・肩こりが生じやすくなります。

高い枕だとどうなるか

高すぎるとこのような状態になります。

上向き

次の図のように上向きになった際には首全体が丸まって、弯曲がなくなってしまいます。

首の弯曲のアンバランスが生じることで、首の前側が詰まってつぶされるストレスや、首の後ろ側が過剰に伸ばされるストレスが生じます。その結果、首・肩の筋肉が異常に緊張して、首こり・肩こりが生じやすくなります。

さらに、背中全体が丸まって猫背になってしまいます。背中が丸まって変形して固まり、全く伸びなくなってしまった高齢者には高めの枕の方が良いです。

横向き

横向きになった際は次の図のように首が曲がってしまいます。

上側は詰まってつぶされるストレスが生じ、下側は伸ばされるストレスが生じます。その結果、首・方の筋肉に異常な緊張が生じることで、首こり・肩こりが生じやすくなります。

間違った枕を使っていると、寝ている間に首の形がどんどん悪くなっていき、首こり・肩こりになってしまいます。もし首こり・肩こりでお悩みでしたら、今回紹介したモットン枕をいちど試してみてはいかがでしょうか?